イタリア、アルベルト・マルチネンギ社にデザインと製造を依頼した、
nobunozaオリジナルバッグが出来上がりました。
きっかけは、前回依頼した、紳士ビジネス&トラベルバッグ(AMーN2)

の出来が大変に良かったので、その技術とコンセプトを踏襲したビジネス

バッグを作ってみようと思ったことでした。

2010年10月27日、マルチネンギ社を訪ねこの企画の打合せをしました。

提案した企画には、4つのポイントがありました。

1)ボディー両端部の厚さは10mmを採用したい。
2)自立することと、メタルの足を取り付けたい。
3)内部を見やすくするためマチ部までジッパーをまわした大きく開く

  口としたい。
4)下部幅40cmとし、上部に向って少し狭くなる八の字のデザインを

  採用したい。

3)と4)については問題なかったのですが、1)に関しては、10mm

  では厚過ぎて下部のRの小さい曲げが難しいと思われる。
2)に関しては、1)にも関連するが、自立するために底部の幅を

  何センチにすればよいか分からない。
解決する為に時間がほしい。という結論で打合せを終えました。

11月26日、問題を解決し型紙が出来上がったとのメールが送られてきた

ので、ファーストプロダクトの発注メールを返信しました。最も難しいと

思われた自立を目的とした底部の処理は、幅を14cmとすることで解決し、

ボディーと同じ様に上部に向って八の字のマチとすることですっきりと

柔らかなデザインとなっていました。
このバッグを持った時の印象は、ボディー幅や底マチ幅のわりに小振りに

見えるということです。これは上部に向って八の字型のデザインがそう

感じさせているのだと思います。

また、軽量なことも特筆ものです。
もともと素材が軽量なこと、シンプルな構造が軽量化に成功している理由

だと思います。
ハンドルの取り付け角度、底部Rの処理、ジッパー摘みのでき具合、底部

メタル足部の処理など、細部にわたり配慮と技術が行き届いています。

メイン素材は、蠟引きのフランス産最高級牛革を使用しました。この素材

は、使い込んでいくといい感じのツヤと深いアメ色に変わる素材です。

内張りは軽量化を考慮して、トラベルバックに使う丈夫なコットン生地を

使用しています。もちろんポケットのジッパー部や端部などには外素材と

同じ革のトリミングを施しています。

 

マットなカラーは、黒・茶(キャメル)の2色。
黒・茶(キャメル)ともシルバーカラーのジッパーを採用いたしました。

価格は消費税込みで、¥250,000- です。

 

余分なものを取り去ったシンプルなデザインですが、細部まで配慮が

行き届いた美しいバッグが出来上がったと思っています。

エイジングが楽しみな素晴らしい素材、見た目より軽量なこと、十分な

容量など、ビジネスバッグとしての必要な要素を兼ね備えたバッグです。

そして長くご愛用していただけるものを思います。

是非、手にとってご覧ください。

 

AM-N1 紳士ビジネスバッグ

¥250,000価格
  • アルベルト・マルチネンギ社製

    高さ30cm横幅 上辺部37.5cm 底辺部40cm(テーパー形状)
    マチ幅 下部14cm 上部10cm(テーパー形状)

    エッジ厚み約10mm

    カラーは、マットな黒とキャメルの2色です。